田中樹PRO(たなかいづき)

IZUIKI TANAKA  

田中樹

生年月日1983/10/30

17歳でJPSA公認プロとなり、2009年にグランドチャンピオンを獲得。

常にシーンのトップを走り続け、選手として自らも活躍する傍ら、日本のサーフィン発展のためジュニア世代の育成にも力を注いできたプロサーファー「田中樹」。

2018年を区切りの年とし、現役選手としての引退を表明。

現在はコーチング業に専念しながらも、日本サーフィンの未来が明るくなるように活動を広げている。

そして今後の夢として、日本からCT選手を出したいという強い想いがあり、

特にWQS世界大会のコーチングには率先して、各国に渡り選手のサポートをしWCTクオリファイを目指している。


<主な戦績>

2003年JPSAPROサーキット2位
2004年JPSAPROサーキット2位
2005年以降
6年間 WQS世界大会転戦
2009年JPSAPROグランドチャンピオン獲得
2010年コーチ業開始
2019年JPSA理事に就任/PRO大会のデレクション
オリンピック強化指定選手専属コーチ


PSYCHO ZEN ZIP フルスーツ(2mm)