RUSSELL BIERKE 

ラッセル・ビエルケ

ラスは5歳までハワイのオアフ島で過ごした。ノースショアとその周辺の海で遊んで育ち、サーフィンに引き込まれたのだ。海とそれがもたらすアドレナリンラッシュな海に夢中のラスは、両方を組み合わせてビッグウェーブサーファーという最高のドリームジョブを手にした。

「大きな波の中で自分の限界を押し上げ、世界を旅し、好きなことをするのが本当に楽しみだ。」  -ラッセル・ビエルケ

高校を卒業した彼のプライオリティは、ビッグでヘビーな波でサーフィンをすること。「大きな波の中で自分の限界を押し広げ、世界中を旅し、好きなことをするのが本当に楽しみだ。」と述べた。

それ以来彼はWSLビッグウェーブツアーの資格を得て、レッドブルケープフェアイベントで勝利、いくつかのビッグウェーブ賞とヘビーウォーター賞を受賞し、Flow Stateでムービーオブザイヤーを獲得した。ラスは現在、世界で最も優れたビッグウェーブサーファーの1人であり、仲間達から地球上で最もプレミアムなスラブ(ヘビーリーフブレイク)ライダーとして広く認められている。 ビッグウェーブライディングの世界でラスが何を達成するのか今後も目が離せない。