HONOLUA BLOMFIELD 

ホノルア・ブロムフィールド

ハワイ、ホノルルのルーツは深く根付いているため、彼女が2歳のときにサーフィンを始めたことも驚く内容ではない。

ハワイのハレイワ出身のホノルアは、ハイキングやスケートボード、スタンドアップパドルサーフィンなどの野外アクティビティばかりをしていた。
毎日のように有名なノースショアで最高の波のある場所を探し、何時間もかけてソルトウォーターで心を落ち着かせ、今では彼女の代名詞でもある優美なテクニックを完成させた。

彼女が海にいないまれな時間には、スタイリッシュでレトロなアウトフィットで音楽を聴きながらInstagramに投稿する姿をよく目撃されている。
ホノルアは、とても困難でユニークなサーフィンの分野であるロングボードとショートボード両方のマスターである。5歳から12歳まで毎年練習するボードを選び、一年ごとにロングボードとショートボードをスイッチしていた。どちらのボードでも戦うが、ロングボードは特に優れていて、最近2017年の世界ロングボードチャンピオンを獲得。
彼女のスタイルはインプレッシブでありながらもクラシックな優美さを失わない、まさに世界最高のノーズライダーである。