WINTER VINCENT 

ウインター・ヴィンセント

9才の時から全身にオニールウエットスーツをまとってサーフィンを始めたウインターがまたチーム・オニールに戻ってきました。

ウインターは、オーストラリアで最も成功が約束されたジュニアサーファーの一人として16才にして既に成功を収めています。

Surfrider Foundation, Waves for Water, Kids Give などのアンバサダーとしての彼の活動によってそれぞれの慈善団体が知名度を高め、必要な基金を集めることに貢献しました。ほとんどの場合、スポーツキャリアの終わりにそのような貢献をしますが、キャリアのスタート時点でそのような貢献をすることは稀です。

それはさておき、ウインターのサーフィンとその進歩を見れば、彼が南太平洋地域に出現した最高の才能の一人であることを確認できるでしょう。