SOLI BAILEY 

ソリ・ベイリー

ソリ・ベイリーはヒッピーに優しい、のんびりとした町バイロンベイ出身。2014年にASPオーストラリアプロジュニアシリーズで優勝し、WSLワールドツアーの世界サーフィンランクアップに静かに取り組んできた。2歳の頃からサーフィンをしていた彼は、サーフィンをすることだけしか考えていないことにすぐ気が付いたそう。
現在は世界中を旅し、インプレッシブでコンペティティブなキャリアを確立している。パイプマスターズの予選からプレステージ獲得まで、オーストラリアの誇り高き先住民として、アボリジニ旗が描かれたジャージを着用している。

サーフィンをする父は早い段階で私を海へ連れて行ってくれた。父と海に行くのが大好きで、時間が許すだけ、ただひたすらサーフィンをしたかった。それが私の始まり。育った環境の延長線上に今がある。

「サーフィンが大好きだからこの道を選んだ。私がやりたかったことすべてだからね。」 -ソリ・ベイリー